車の査定の仕事をする場合に必ずしも必要な国家資格など

投稿者: | 2017年2月8日

車の査定の仕事をする場合に必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと与えられませんから、中古自動車査定士の資格があれば、車の査定の腕前が一定以上であることが分かってもらえるのではないでしょうか。

自動車のオーナーというものは、使用していなくても維持費がかかってきます。

自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、その上自動車保険費用も必要になってきます。

更にいうと、駐車場付きの持ち家でなければ、駐車場の料金もかかってくるのです。

自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、これらの維持費を払い続けても乗り続けていたいのか充分に検討してみれば、どうした方が最善かという結論を導きやすいでしょう。

ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、買取額の見積時に隅々まで確認されるのが普通です。

誰が見てもわかるような目立つ傷は査定としては減点になるものの、言われて初めて気づくような薄いキズ等は特に減額対象としない場合が多いです。

査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性はほとんどないというのが実情です。

業者は大量発注で安い費用で修理できますし、あえて傷ごと業者に委ねた方がトータルでプラスになります。

車を査定してもらう際の大まかな手順は、まずはインターネットなどで一括査定を頼みます。

中古車の買取業者によってこちらの打ち込んだ情報から査定額が出てきますから、査定の高い業者や、信頼できそうな業者を選び、自分の車をみてもらい、査定をしてもらいます。

査定の結果に満足ができたら、契約をし、車を売ります。

代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合がほとんどです。

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。

そして個人から業者への売却に関する事例は右肩上がりに増えています。

相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録したところ、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。

悪質な業者に当たったときなどは、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談すると安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。

知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。

大企業は資金力にも恵まれていますし、買い取った車は専用の販売ルートでさばくことができるので、次から次にドンドンと買取を行うでしょう。

しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

大手と比較して中小はひとつひとつ丁寧にオークションを通して販売することが主で、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

売買予定の車の見積額が下がってしまう原因には何点かありますが、最も大きな査定低下の要因は、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

酷いケースではゼロ円査定に低下する場合もあるのです。

でも、故障および事故で修理したことがあると絶対的に修理歴車と呼称されるわけではなくて、いわゆる車の骨格にあたる部分にまで傷が広がっていて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

中古車の査定についてよく言われることですが、手間は省けていいのですが一社だけに査定を任せるのはおすすめできません。

というのももしその業者ではない別の所を使っていたら車にもう少し高い査定額がついていた可能性を否定できないからなのです。

近頃はインターネットを使うことでいくつかの中古車買取業者から同時に見積もりを出してもらってざっと比較検討ができます。

いくらか時間はかかってしまうことになりますが、多くの業者によって査定を受けておくと結局のところは査定額アップになり満足のいく取引ができるでしょう。

愛車を売却しようとするときには、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

でも、新しく購入した車に関しては、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。

車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

初めてのことでしょうから面倒と言えばそれまでですが、手数料の節約になるため、トライするのも結構ですね。

自分で手続きするときには、古い車はどのようにしたか説明しないといけないので、必要書類として自動車の売買契約書があります。