普通の中古車屋の場合、買取査定は無償という

投稿者: | 2017年2月2日

普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

しかしながらカーディーラーに下取り査定を頼むときには、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。

ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると本来確認すべきことが疎かになってしまうため、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをいま一度はっきりさせておきましょう。

仮に有料だったとしても、交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

車の査定についてですが、自宅で受けられる出張査定を選ぶ人はかなり大勢いるようです。

利点はなにしろ持ちこまなくていいから楽ですし、運転しなくていいので燃料が減ることもありません。

楽ですがしかし、頼みを断れないタイプの人は自分の所に業者を呼んで査定を受けるより、業者に持ち込みで査定を受ける方がいいかもしれません。

業者に対しわざわざ来てもらったという思いを持つと、そうそう断れなくなることがあります。

車の査定の仕事をする場合に査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

でも、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、大型車、小型車の二種類存在しています。

実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと資格取得が叶わないので、この民間資格を所持しているならば、定められたレベル以上の査定が出来ることを証明してくれるはずです。

車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

でも見積金額アップを狙って売却前に車検を通すことは無意味といって良いでしょう。

たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。

自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、年式が古い車の場合大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

愛車を売ろうという場合には走行距離数が少ない方が有利です。

でも、機械というものは定期的に動かしていないと何かしらの不具合が出てきやすいのです。

年式に対して走行距離数が極端に少ないと、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

自分が所有する車を売却しようと考えているならば、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

いくら傷などがない方が良いからと言っても、素人が直したのでは、プロが見ると却って目立ってしまうケースが散見します。

いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には頑張って自分でやってみようと思わずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。

マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、ディーラーによる下取りか、中古車買取業者への売却です。

中古車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで金額を競わせ、高い買取額を狙うというのもありです。

ではディーラーによる下取りはどうかというと、競合する相手がいませんからもしかすると安く買い叩かれてしまうかもしれません。

けれども一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはありません。

状況に応じて選ぶと良いでしょう。

中古車の売却をする前にしておきたいことといえば、机上調査と実地チェックがあげられます。

つまり、ネットの査定サイトをうまく使ってとにかく最新の相場を知ることが不可欠です。

査定額が安いか高いか判断する基準がなければ、明らかに損な価格で売却する場合もありえるからです。

それからもう一つ欠かせないのは車の内側と外側の掃除です。

といってもボディはそこそこで構いません。

重点ポイントは車内です。

少しでも車内に匂いがあると、第三者にはすぐ分かりますし、当然ながら減点査定の対象となります。

中古車買取の業者に実際に出向かなくても、ウェブで車の見積もりを行えるホームページはたくさん存在しています。

サイト上で算出した金額よりももっと詳しい価格は店舗の担当者が実際に査定して確認しないと一概には金額を言えない状況もありますが、数多くの会社の査定金額が瞬時にわかるので、今の段階でその車がどの程度の価格であるかの相場を知る上で有効な手段です。

それに、妙に価格相場から外れた査定をする会社を除外して、その他の店舗で実際に売ることができるので有益だと言えるでしょう。